モイオットチャン・ストーリー 第五話 みさの場合



「オツカレサマデシタ」


タッチパネルに映し出された「退勤」を押すと、

最新のセキュリティシステムは

やさしい声で労いの言葉をかけてくれる。


オンライン会議中の上司に向かって頭をぺこりと下げると、

一瞬だけこちらを見た彼女は、またすぐPC画面の中にいるクライアントへ目線を戻した。


寺田みさ、34歳。私が勤めているのは、企業のサービスや商品をTVや雑誌に露出させるお手伝いをしたり、PR業務を代行したりする会社だ。


新規クライアント獲得数が伸び悩んで、自ら緊急出動する羽目になった上司は、ここ1ヶ月ほど「ピリピリ」と音がしそうなくらい苛立っている。


触らぬ神に祟りなしとばかりに、そそくさとオフィスビルを出てスーパーへ向かった。

金曜日。いつもなら同期の女の子たちと飲みに出るか、付き合って2年目になるユウタの家のキッチンに立って、何か栄養のあるものを作ってやることが多い。


でも今日は、どちらもパスした。

シングルマザーで2人の子供を育てている上司や、お腹を空かせて待っている大きな子供(ユウタ)には後ろめたいが、今夜は自分のためだけに、自分の好きなものを作って食べて飲みたい。


最寄り駅前にある激安スーパー。

左腕に買い物かごをぶら下げて、少し大股で店内を歩く。

大入り大葉98円。厚揚げ78円。

ユウタの家に行く途中には、百貨店系列のちょっと割高なスーパーしかない。

そこで買い物をすると、お財布と相談しながらメニューを考えるので頭をとても使う。

今日はそのストレスがない分、気持ちがうんとラクだ。

3割引シールが貼られている合鴨のサラダを発見して、気持ちがはずむ。

「今日はお刺身も買っちゃおう」

一旦通り過ぎたお刺身コーナーに舞い戻り、少し悩んでから手頃なアジをかごへ入れた。

最後にお酒コーナーへ寄って、最近お気に入りの缶ビールを数本かごに入れる。

レジに向かう前に、カップ酒も追加した。


家へ帰り着くと、部屋とエアコンのスイッチを入れてキッチンへ直行する。

手早くエプロンを身につけ、左、右の順番で腕まくりをする。


キッチンライトの灯りに照らされたステンレス天板の上に、まな板と包丁をセット。

エコバッグから、買ってきたばかりの缶ビールを取り出す。

勢いよく開けると、プシュッと爽快な音が立ち、飲み口に濃密な泡がせり上がってきた。

すかさず口を付け、ゴクゴクゴクと喉を慣らしながら、一気に3分の1ほど飲む。

これでやっと準備万端だ。


まずは小気味よく大葉を刻んでいく。

その間にフライパンを温め、ごま油を垂らす。

香りが立ってきたら厚揚げを入れ、焦げ目が付くまで焼く。

厚揚げが両面こんがりと焼けたら平皿によそい、

上から刻んだ大葉をたっぷりと乗せる。

ポン酢を回しかけると、ツンと酸っぱい香りに食欲を刺激されて、思わず唾を飲み込んだ。

でもまだ、完成じゃない。


冷蔵庫から『モイオットチャン』を取り出す。

実はさっき激安スーパーで食材を選んでいる時、

今日はこれを使ったメニューにしようと決めていたのだ。

どんな料理も、たちまちアジアンテイストに変えてしまう魔法のソース。

厚揚げの上から思いのままにモイオットチャンをかけたら、10分足らずで1品目が完成した。


モイオットチャンは、ユウタとデートしている時にたまたま寄ったカルディで見つけた。

ほのかな酸味とコクのある甘み、パンチのある辛味が病みつきになる美味しさで、不思議とどんな料理にも合う。


プチトマトを添えただけの合鴨のサラダ。

お皿に移し替えただけのアジの刺身。

アジアン焼き厚揚げと、飲みかけの缶ビールをテーブルへ運んだら、いよいよ自分だけの宴開始だ。


まだ湯気の立っているアジアン厚揚げを、箸で一口大サイズに切り分けて口に放り込む。


やばい…これは美味すぎる!


缶ビールが一瞬で空になった。

もぐもぐ咀嚼しながら、2本目の缶ビールを冷蔵庫に取りに行く。


「食べさせたいかも」と、ふいに頭に浮かんでしまうのは、やっぱりユウタの顔だった。

ほろ酔いに任せてスマホを手に取る。


「おつかれー」


馴染みのある声が聞こえてくると、確かにほっとする自分がいて、やっぱりこの人なのかも、と思う。


「やばいわ」

「何が?」

「最高なやつを作ってしまった」

「うまいの?」

「飛ぶよ」

「今度食べさせてね」


顔が見えなくても、スマホ越しにユウタがニヤついているのがよく分かる。


「あ、ねえねえ。来週末さ、またカルディ行こうよ」

「いいね。俺、生ハムにあのミドリのやつかけて食べたい」

「それ!上司が最近疲れてるから、モイオットチャンあげようかなって。たった今思いついたんだけど」

「2人子どもいる人だっけ? 疲れてると辛いもん食べたくなるもんな、いーじゃん」


あれこれ説明しなくても通じあえる心地よさ。

「おつかれさま」と労い合う相手がいることの嬉しさを、自分のために用意した御馳走といっしょに噛み締めた。



ちょい足しレシピ “飛ぶ”アジアン厚揚げ


【材料】

 厚揚げ

 大葉

 ポン酢

 ごま油

 モイオットチャン


【作り方】

①解放感のある金曜日に、自分のために、自分の好きなものを食べると決意する

②キッチンに立ち3分の1ほどビールを飲む

③大葉を刻む

④フライパンにごま油をひく

⑤厚揚げに焦げ目がつくぐらいしっかりと両面を焼く

⑥焼きあがった厚揚げに大葉をちらしポン酢をかける(お好みで白ごまを加えても◎)

⑦モイオットチャンを適量加える(このあたりで1本目の缶ビールが飲み終わっていると思いますので2本目を取りにいきましょう)

⑧大切な人を思い浮かべる


一人でも“つながる”へべれけレシピ


閲覧数:13回0件のコメント